原田木材株式会社

TOP > 企業情報 > 会社概要

■会社概要

  • 会社名
    Company Name
    原田木材株式会社
    Harada Lumber CO., LTD
  • 所在地
    Address of Headquarters
    〒861-8012 熊本県熊本市東区平山町2985-1
    TEL:096-380-7531
    FAX:096-380-7533
    2985-1 Hirayama-machi, Higashi-ku, Kumamoto-shi, Kumamoto 861-8012 JAPAN
    TEL +81-96-380-7531
    FAX +81-96-380-7533
  • 代表者
    代表取締役社長 原田 実生
    Company Officers
    Representative Director/President
    Jitsuo Harada
  • 設 立
    昭和36年2月6日
    Established
    February 6, 1961
  • 事業内容
    木材ならびに住宅用資材の販売
    木造住宅工法の開発ならびに販売
    木造住宅部材加工(プレカット)
    不動産賃貸業
    宅地建物取引業
    宅地造成、分譲ならびに建売住宅販売
    山林経営ならびに植林、原木の伐採・運搬・加工および販売
    土木建築の設計・施工
    プレカットCAD/CAMシステムの開発ならびに販売
    プレカット工場のFA化事業
    Our Business
    ・Sales of high-quality timber and housing materials
    ・Development and sales of wooden house construction method
    ・Precutting and processing of building materials for wooden house
    ・Property leasing business
    ・Real estate brokerage business
    ・Residential land development, sales of land for sale in lots / built-for-sale housing
    ・Forest management and afforestation / cutting, transport, processing and sales of raw timber
    ・design and construction of civil engineering and architecture
    ・Development and sales of precut CAD/CAM systems
    ・Factory automation business for precut factories
  • 許可・認可および登録
    木材の販売   : 熊木連(木)第AA−014号
    宅地建物取引業 : 国土交通大臣(1)第009722号
    建設業(建築) : 熊本県知事(特−1)第14816号
    建設業(土木) : 熊本県知事(般−1)第14816号
    一級建築士事務所: 熊本県知事登録 第2686号
    License/Registration
    Timber Sales: License granted by Kumamoto Association Of Wood Society License Number: (MOKU) No. AA-014
    Real Estate Brokerage: License granted by the Minister of Land, Infrastructure, Transport and Tourism License Number: (1) No. 009722
    Construction Business (architecture):License granted by the Governor of Kumamoto Prefecture License Number: (TOKU-1) No. 14816
    Construction Business (civil engineering):License granted by the Governor of Kumamoto Prefecture License Number: (HAN-1) No. 14816
    First-class Architect Office: Registered by the Governor of Kumamoto Prefecture Registration Number: No. 2686
  • 所属組合・加入団体
    協同組合 熊本木材工業団地
    協同組合 熊本ランベックス *Link
    くまもと県産材共同集出荷センター
    一般社団法人 全国木造住宅機械プレカット協会
    日本集成材工業協同組合 ※賛助会員
    一般社団法人 熊本県木材協会連合会
  • 認定・その他
    ・ランベックス高耐久性機械プレカット部材(2種-AZN)
      認定番号:AQ-030-A1-1
    ・ランベックス防腐・防蟻処理構造用集成材-2(2種-AZN)
      認定番号:AQ-030-C2-3
    ・『NEO-BASIC Fb工法』
      木造住宅合理化システム基準性能タイプ
      認定番号:合理化S1104-18
    ・『NEO-BASIC W工法』
      木造住宅合理化システム長期性能タイプ
      認定番号:合理化L1404-01
    Certification/Others
    ・Lumbex high-durability machine precut materials (Type2 - AZN)
     Certification number: AQ-030-A1-1
    ・Lumbex preservative treated structural laminated lumber-2(Type2 - AZN)
     Certification number: AQ-030-C2-3
    ・Construction Method “NEO-BASIC Fb”
     Standard Model for Wooden House Rationalization System
     Certification number: Rationalization/S1104-18
    ・Construction Method” NEO-BASIC W”
     Long-term Durability Model for Wooden House Rationalization System
     Certification number: Rationalization/L1404-01

■原田木材の取り組み

設備関連
1991年
熊本プレカット工場開設
1995年
福岡プレカット工場開設
1996年
プレカットCADシステム開発
1996年
全自動プレカットライン開発 特殊加工機開発
2002年
省エネ装置開発
2004年
乾式防腐・防蟻処理装置 1号機導入
2006年
関東プレカット工場開設
2006年
全自動邸別プレカットピッキングシステム(自動倉庫)導入
2013年
乾式防腐・防蟻処理装置 2号機導入
2017年
乾式防腐・防蟻処理装置 3号機導入
住宅工法の開発
1998年
NEO−BASIC工法(標準性能タイプ)
1999年
NEO−BASIC Fb工法(高耐久タイプ)
2004年
NEO−BASIC V(次世代耐用性能タイプ)
2005年
WOOD−GOOD工法(次世代耐用性能タイプ)
2007年
NEO−BASIC V-D(次世代省エネタイプ)
*開発協力・・・門型フレーム工法、制振工法:GVA工法
2014年
NEO−BASIC W(木造住宅合理化システム長期性能タイプ)
認証・認定・その他
1993年
高耐久性機械プレカット部材 AQ認証
2002年
経営革新計画承認(熊本県知事)
2004年
ハウスプラス 住宅性能評価サポートセンター開設
2006年
新連携事業計画認定(九州経済産業局)
2016年
ブライト企業認定(熊本県)
2018年
地域未来牽引企業(経済産業省)
2019年
クリーウッド法 第二種登録木材関連事業者HOWTEC-CLW-U0063号(林野庁)

■原田木材における環境への取り組み

●基本理念

当社は企業活動と地球環境との調和を目指し、積極的かつ継続的に環境保全に取り組み、企業としての社会的責任を果たします。
環境に配慮した商品の開発、ご満足いただける品質、安全な労働環境と社員の健康維持は、当社がこれからも発展していくために欠かすことはできません。
お客様からの要求を敏感に察知し、またその変化に適切に対応することで、社会に貢献できるよう活動し、企業価値の向上を高めてまいります。

●基本方針・実施体制

@地球環境に配慮し、エネルギー消費効率の向上及び効果的な使用に努める。
A生産効率の向上およびエネルギーコスト低減に努め経費削減を図る。
Bエネルギー管理体制の充実を図るとともに、社員教育において省エネルギーに関する意識の啓発に努める。
C省エネルギー機器の導入に努める。

●数値目標

前年度比2%以上のエネルギー使用量削減を目標とし、積極的に省エネに取り組む。

●これまでの取り組み