原田木材株式会社

TOP > オンライン工場見学

[ こちらをクリック ]

工場見学するまでは、木材や構造の事はあまり興味がなく、どれも同じだと思っていました。
しかし、家を作るには、間取りや外観も大事ですが、中身である構造(骨組み)がどれだけ大事かを知ることができました。
また、木造住宅といっても、様々な工法や仕様がある事を知り、何を基準に選ぶべきかのヒントを教えていただきました。
「建てる前に見ておいて良かった」と感謝しております。ありがとうございました。

木材の加工は、大工さんが「ノコギリ」や「ノミ」で加工しているイメージでしたが、工場を見て驚きの連続でした。
CADで設計されたミリ単位の正確な情報と、その情報を受け取った専用ラインが自動で加工しており、木材のパーツ1本1本が精度良く加工されていて、いかに加工の精度を重要視されているかが伝わってきました。
正直、このような工場で加工してもらえれば「安心できる家ができる」と思いました。
また、「長持ちする家」のお話もわかりやすくて、とても参考になりました。
「木材と骨組みは大事!」それが工場見学した収穫でした。
これから家を考えている友人にも工場見学を勧めたいと思います。

私の家に対するコンセプトは「子供や孫にも住み続けて欲しい」という願いがありました。
そこで、工場見学を申し込み、木材と加工そして、構造躯体の工法というものを教えていただきました。
率直な感想は、原田木材さんの「構造(骨組み)」に対する熱い思いと、これまでの経験とこれからの木造住宅についての話を聞いて、どんな家を作らなければならないかを改めて考えさせられました。
また、私のコンセプトである「子供や孫にも住み続けて欲しい」という家が、原田木材さんの「長持ちする家」と一致しており、木材を長持ちさせることが大事だと知りました。
私も原田木材さんのNEO−BASIC工法で「長持ちする家」を作りたいと考えております。
色々な質問に答えていただき、感謝しております。

住宅展示場をたくさん見てきてきましたが、木造住宅の中身である木材の事を知りたくて、工場見学を申し込みました。
また、子供のためにも木造住宅と決めていましたので、どんな工程でどうやって作られているかを見てみたいと思いました。
印象に残った事は、システム化された生産設備と、1本1本の厳しい検査体制でした。また、安全・安心の防腐処理木材や、乾燥材と集成材の特徴も印象に残りました。
最後に説明を受けた「構造や工法」については、性能表示制度について教えていただき、何を基準に選べば良いかのアドバイスをしていただきました。
そして、住宅を支える木材と構造がとても重要な要素だと知る事ができました。
これからの家作りに参考にさせていただき、後悔しない家を建てたいと思います。
ありがとうございました。